大学生協アプリの開発元のベンダーはどこ?ひどい実態と今後の改善について

ニュース

大学生協アプリで待ち時間が3倍になったと話題になっています。

大学生協アプリの開発元のベンダーはどこなのでしょうか。

なんでも、アプリにログインするのにエラーがよく起こり、ログインするだけで結構な時間がかかってしまうのだとか。

この他にも、大学生協アプリを導入したことでひどい実態が明らかに。

大学生協アプリのひどい実態とは?」と気になりますよね。

そこで、今回は

  • 大学生協アプリの開発元のベンダーはどこ?
  • 大学生協アプリのひどい実態
  • 大学生協アプリの今後の改善について

詳しく見ていきたいと思います!

大学生協アプリの開発元のベンダーはどこ?

大学生協アプリの開発元のベンダーは「大学生協事業連合」です。

大学生協アプリを開発した理由はなぜなのでしょうか。
開発元である大学生協事業連合は以下のように述べています。

「従来から事業連合が提供していたシステムのサーバ等が耐⽤年限を迎えておりました。また、現⾏システムは導⼊当初から20年以上が経過しており、構成が古いゆえの種々の問題がありました。このような状況から、単に機器更新でシステムを継続して使⽤するのではなく、レジ・決済システムを含めたシステム全体を刷新することとしました」

引用:Livedoor news

要するに、

  • レジのシステムが古くなり更新年数を迎えたので、いっそのことシステムを刷新してアプリへ移行することにした
  • このご時世で登校機会が減った学生のためにも、オンライン決済ができるようにした

という理由で、大学生協アプリが導入されたということです。

確かに、新学期の教科書購入ではオンラインで購入し、自宅に届くように宅配を手配する学生も増えたと聞きます。
従来のICカードのように、教科書購入のためだけにわざわざ大学へ足を運ぶ必要がなくなるわけですから、この発想は便利ですよね!

しかし、大学生協アプリの実態はひどいと学生たちが嘆く場面も。

次で詳しく実態を見ていきたいと思います。

大学生協アプリのひどい実態

大学生協アプリのひどい実態をまとめると、以下のようになります。

  • ログインにエラーが頻発するなど、起動するのに時間がかかる
  • ポイントのバーコードと支払いのバーコードが別ページなのでレジで時間がかかる
  • webページから初期設定を行わなければ、アプリからログインできない仕様になっている
  • 従来のICカードは引き続き使用できるのに周知されておらず、「アプリへの強制移行」を強いられた学生も少なくない

ダントツでひどいと言われているのが「ログインしづらい」「起動が遅い」ということです。

ログインの際にエラーが頻発したり、ログインできても、そもそも起動に時間がかかるために、レジの決済で時間がかかり長蛇の列を生むことになっているようです。

更に、大学生協アプリはポイントのバーコードと、支払いのバーコードが別のページにあるため、いちいち画面を操作しなければいけない仕様になっているようです。

そのため、結果的にレジの混雑を発生することに繋がってしまうわけですね。

そして大学生協アプリで混乱を招いていたのが、「アプリからログインできない」ということでした。
普通スマートフォンでアプリをインストールすると、当たり前ですがアプリからログインできますよね。
しかし、大学生協アプリでは最初にwebからサイトにアクセスし初期設定を済まさなければ、アプリからのログインができない仕様になっていました。

大学生協アプリをインストールしたのに、ログインできないと頭を悩ます学生もいたようです。

このように、アプリインストールの時点から学生を困らせていただけに、「従来のICカード方式に戻したい」と嘆いていた学生も少なくありません。

なんでも、大学によっては「アプリへ移行しなければICカードの残額は使用できなくなる」とアナウンスしていたところもあったようです。
このために学生は急いでアプリへの移行に。

しかし、実際のところはICカードも引き続き使用できる仕組みになっていると、開発元は以下のように言及しています。

スマートフォンをお持ちでない等の理由でアプリ決済ができない⽅についても従来の IC カードによる決済を可能とする設計を⾏っています

引用:Livedoor news

しかし、ICカードが引き続き使用できることについて周知されておらず、アプリのみでしか支払いできないと思い込んでいる学生も多いようです。

結果的にとにかく待ち時間が長くなり、大学生協アプリは良いことがない、ひどいと嘆く学生が多いようですね。

大学生協アプリの今後の改善について

大学生協事業連合は、大学生協アプリの今後の改善について、以下のように言及しています。

「アプリについてもレジ・決済システムについても順次改善に取り組んでいます。レジスピードの改善と合わせレジの増設・チャージ専⽤機の導⼊・増台を検討している⼤学⽣協もあります。⾷堂店舗は勿論のこと購買店舗も含めて利⽤していただける組合員の皆様を出来るだけお待たせしないよう、4⽉の最⼤繁忙期を迎える前に可能な限りの対応を進めてまいります」

引用:Livedoor news

なんだか改善点がずれている気がしますね..

  • アプリをインストールしたら、アプリからすぐにログインできるようにする
  • 大学生協アプリをサーバー落ちしないように強化する
  • 大学生協アプリの起動を早める
  • 支払いバーコードとポイントバーコードを同じページにする

上記をアプリ側で改善しなければ、レジを増設しようが何をしようが、学生の負担は変わらないように思えますね..

4月は大学生協の繁忙期ですから、春休み中にアプリ自体の改善が行われることを期待します!

まとめ

大学生協アプリがひどいと話題になっています。

大学生協アプリの「起動が遅い」「エラーが頻発する」「レジに時間がかかる」というひどい実態が明らかになりました。

大学生協アプリの開発元のベンダーは「大学生協事業連合」です。

大学生協事業連合側はこの実態を真摯に受け止めて、改善に務めると言っているようです。
しかし、改善するのは「レジスピードの改善」「チャージ専用機の増台」などを考えているようで、アプリ自体の問題に気がついていないのが残念です。

学生にとってはアプリが使い物にならないと本当に不便なことと思います。

どうかアプリのアップデートが行われますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました